アメリカ原産玉ねぎ苦戦中

これ、ペコロスの品種改良に活用するつもりで

育てていたアメリカ原産のタマネギです。

早生品種だと聞いていたんだけど、未だにこの状態。

アメリカ産に限らず、国産の従来品種の一部の

タマネギでもこの状態のものがあるわ。
とう立ちではないのに、軸がリーキのように

めちゃくちゃ太くて、鱗茎の肥大が無いかめっちゃ遅いか。
肥大しても軸が倒れることがなく、

肥料が切れてきて葉の色が薄くなる…

そして、うちだけではないみたい。

うん十年のタマネギ農家もこんな年は

初めてだって言うんだけど、

何か原因につながるヒントをお持ちの方、

解説お願いできませんか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です