海から徒歩6分!愛知県南知多に「はんぺいの工場直売所」がオープン

南知多ではんぺいを作る豊浜水産の工場直売所がオープン!地元の人たちとのご縁をつなぎ、地域を盛り上げたい。

豊浜水産は、愛知県知多半島の先にある伝統的なはんぺい屋さん。先代から受け継がれる魚の練り製品を作ります。

卸をメインとしていた豊浜水産では、地元の人に食べてもらえる機会が少ないことを課題に感じていました。

そこで、2019年2月2日にはんぺい工場の直売所をオープン。揚げたての魚肉製品をそのまま食べられるほか、地元の農家と連携した旬の野菜はんぺいが楽しめます。

ガラス越しに見えるはんぺいの製造風景

工場直売の楽しみの一つは、やっぱり作っている様子が見えること。

魚のすり身を石臼台の擂潰器で混ぜるところ、はんぺいの形に成形されるところ、揚げたてのはんぺいを詰めるところ、などなど…。

普段ではなかなか見ることのできない製造背景をのぞくことができるのは1つの楽しみですね。

はんぺいは、ぷれぇん30円〜ととてもお手ごろです。お買い得セットはもちろん、1枚からの購入できるので、南知多の散策には食べ歩きも楽しめそうです♪

直売所ならでは!限定の季節野菜はんぺい

こちらは、美浜町で農業をする「杉浦農園」の小松菜を使ったはんぺい。

小松菜が採れる冬季だけの限定商品です。大ぶりな小松菜のシャキシャキ感がたまりません。

卸商品では安定供給が求められるため、小ロットな季節の野菜はんぺいはできませんでした。しかし、工場から直接お客さんに販売するからこそできる「限定野菜のはんぺい」を作れるようになりました。

「若手農家の新しい可能性を応援していきたい。」
そう代表の石黒さんはおっしゃいます。

オーガニックな野菜を育てる地元の若手農家と連携をし、
旬の野菜をたっぷり使ったはんぺいを手がけます。

真の地域連携を目指して。オーガニック野菜の販売も

地元農家が育てた旬なオーガニック野菜が購入できるのも、豊浜はんぺいの工場直売所ならではの楽しみです。

南知多で新規就農された「とるたべる」の旬のオーガニック野菜が並びます。畑無農薬なこだわり野菜はもちろん、茎まで食べられる新玉ねぎ、黄色の人参やコールラビーなどのちょっと変わりダネ野菜も…!

「体にいいものを、土に優しいものを、という純な想いに惹かれて野菜の取り扱いを決めた。はんぺいは加工品だが、野菜は素材そのもの。それをとことん突き詰める若手農家の目の奥の輝きに期待したい。」

そう豊浜水産の石黒代表はおっしゃいます。豊浜はんぺいの工場直売所が、知多半島を盛り上げるきっかけになることを石黒さんは願っています。

次回は、「豊浜はんぺいの石黒代表が考える『地元貢献』への熱意」をお送りいたします。

(株)豊浜水産

昔ながらの味にこだわる素朴な美味しさの豊浜はんぺい

〒470-3412
愛知県知多郡南知多町豊浜下大田面23−3
TEL/ 0569-65-2968
FAQ/ 0569-65-2968
ホームページ/ http://nohanpei-nolife.com/
取扱店舗/
(愛知)
魚太郎本店、魚太郎大府店(JAあぐりタウンげんきの郷)、
魚太郎一宮店(イオンモール木曽川)、
豊浜とれたて市場(ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば)、
JAあいち産直店
(グリーンプラザおおぶ、グリーンプラザあぐい、
グリーンセンター武豊、グリーンセンター奥田、
グリーンセンター美浜)、
イシハラフード全店(成岩店、常滑店、星崎店、東洋店、武豊店)、
市場食堂(豊浜魚ひろば)、マル伊商店、二葉屋七右衛門、
松下釣船、忠栄丸、健成丸、竜宝丸、大進丸

(岐阜)
魚太郎可児店(湯の華アイランド)、伊木山ガーデン

ご覧いただきありがとうございます!

「Kodawarin(こだわりん)」では、いい食材の見分け方や、見たことのない面白い食品など、 食にまつわるお役立ち情報を配信しております!
(たまにクーポンあります…♡)

豊浜水産

豊浜水産のはんぺいは、地域連携をテーマに、地元の魚(ハモ、シラス、マダカ、クロダイetc…)や有機野菜を使用した商品開発に努め、地域と共に歩みながらバラエティに富んだ商品を創り続ける練り物専門メーカーです。